わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

擬似カウンセリングな毎日

友人が我が家に居候始めて、ふと気が付くと精神的に安定している。

はてはてどうしてかと思って見返すと、おそらく会話があるからじゃないかなと思い当たりました。

最初は気を張っているからかなとか、良い恰好したい(良く見られたい)から頑張っているからかなと思ったけど、これだけ続くわけがない。

だってそれしんどいから。

 

 

私の友人は心理学を私に勧めてくれた人なわけですが、もちろん本人はもっと勉強して仕事でも使っていたのでとっても聞き上手。

話を「聴く」ことは非常に技術のいることで、一石二鳥で身につくものじゃないし癖も出て来たりで厄介なもの。

そんな彼女に日々のくだらない事だったり、悩みだったり、未来の事だったりを話して聞いてもらっているだけで疑似カウンセリングを受けているように、自分が安定したわけです。

 

ちなみにたまたま聞いてくれている彼女が技術が高いだけで、おそらく「会話をする」作業そのものが自分にとって良かったのだと思う。

 

会話をする⇒言葉に出す⇒頭の中を整理する

 

相手がいての会話となると、相手に理解をしてもらおうと言葉を探します。

ところがどっこいぴったりな言葉ってなかなか見つからないもの。

そして私の乏しい語彙力が加勢して、さらに貧弱な表現になる。

これじゃない、こういうことが言いたいんじゃないんじゃー!!!と思うことも多々。

しかし友人であるという関係性に助けてもらって、気持ちを汲んでくれてるわけです。

「~ってこと?」って相手の語彙力に乗っかって「そうそう、それです」と自分も納得する。

 

相手を通して自分と対話をしてみると、まあ何というか愚痴が多い(笑)

あとはそう好きでもないお局のことばかり注目していることを客観的に感じて、「そんなに好きか!」と愕然としたものです。

好きの反対は無関心は正しいんだな。

あれだけ「嫌いな部分」を挙げられるってことは、それだけ相手を見ているわけだし「嫌いな部分」を自分で作っているわけです。

それに気づいた瞬間、嫌だな止めようと決めて徐々に気持ちを向けないようにしております。

まぁ隣なんでね、そう簡単には出来ないんですけどね。

でも不思議なもので、「考える」って自分の意志でしているはずなのに「出来ない/考えてしまう」って相反してますね。

やるも止めるも自分で出来るはずなのに。

ひとまず相手の発言に対して付帯する自分の気持ちを減らすようには出来るんじゃないかと、ちょっとお試し。

何にせよ、おかげでPMSは落ち着いてて嬉しい限り。

 

四の五の言わずに

とにかくこれを読んでくれ

 

hikikomorikei.hatenablog.com

 

以前よりずっと拝読しているひなおさんのブログ、切り口が様々でその時々の自分の状態で理解出来たり理解しきれなかったりで楽しんでいたんだけど、今回は特に秀逸。

(あくまで私にとってですが)

 

 

頭でっかちな自分にはとっても分かりやすかったです。

何度も読み返して自分のものにしたーーい!!

 

 

 

最近の私は旅に出たい衝動に駆られたり、しかし一人旅怖い…となっていたり。

友達とのあれやそれや、家族の事、仕事のことで体調が上向きにならずにいた冬を超えてようやく平均値に戻ってまいりました。

体重は変わらずおデブさんなのですこんちくしょう。

 

 

我が家に旅人が居候して、帰宅してから誰かと会話をする日常を過ごしております。

職場の愚痴を話してるなか、やはり私はお局への執着が強いなぁとしみじみ感じることが多くて自己嫌悪するばかり。

好きじゃない!と思うんだけど、好きの反対は無関心とはよく言ったもので、愚痴を言うだけその人を観察しているし注意を向けてるんですよねーーーーーやだーーーーー。

 

 

いや、何回も意見の相違で(やっぱり好きじゃねぇな)って思うことが多々あるんですよ。

良い人とは思うけど、私が好きな価値観じゃないし性格でもない。

注意を向けたりしたくないんですよ!!

しかし無視できない立ち位置。

ぬぉージレンマー。

 

 

kaishaku01.hatenablog.jp

 

あゆおさんが仰るように、感謝なんて出来るかー!!ってなって、八方塞がりになったこともあります。

自分のメンタルを保つために相手の良いところ探しをしたこともあります。

ストレス軽減にはよかったけれど、下手すればストレスに蓋をして気付かずダメージを受けていることもあるので注意。

 

 

そして以前のやつ。

felice-blue.hatenablog.com

 

嫌いなものは嫌い。

努力したけど嫌い。

仕方ない!!

 

今の課題は、そんな状況に注意を向けるわけではなく望むものに集中すること。

ひなおさん曰く、「30話を作る」。

過去の自分が作った29話にてんやわんやするのではなくて、望む30話を。

わくわくしながら制作にあたろうと思います(鼻息)

好きなものは好きだし、逆もまた然り

めちゃくちゃ久しぶりに…。

書くきっかけはこちら、

 

【引き寄せのコレがわからない!11】感謝なんてできません - 自由でたのしい毎日

 

相変わらず分かりやすく優しいなぁと思って拝見しております。

私が現在働く会社の先輩は癖そして癖!と癖を何重にも塗ったような方がいます。

それは私の主観としてなので、人によっては「???どの辺が?」って方もいるかもしれないのですが…。

つまりは仕事のみに関わらず、生き方や考え方の価値観がまるっと違う先輩と常に仕事をしないといけない状況なんです。

運良く(?)定年まであと一桁だからってことで私が採用された経緯もあり、胃を壊したり喘息出たりしつつも(あともうちょいで辞める…)と思っては乗り越えてきました。

※転職活動にうんざりしてたことも影響してる。

 

そんな先輩ですが、定年を超えて働くことが決定しました。

年末にかけて後輩(not私)と揉め、その愚痴を私に話してはスッキリされてた様子でしたが、反対に私はストレスで謎の体調不良に陥る羽目に…。

くそう!どうでもいいぜ!!!と言いたかったし今も思ってる(笑)

辞めようかな…と思っては思い留まる日々です。

 

 

そんな時、ふと思ったんですよね。

 

私あの人嫌いなんだわ

 

って。

ずっと我慢しないと、とか言いたい気持ちも分かるし、と思っていたけれど、シンプルに彼女と話すのが苦手で嫌い。

良いとか悪いとかじゃなく、それだけ。

 

 

自分の中でどこか、人を嫌ってはいけない、自分も褒められた人間じゃないんだからと蓋をしてたんだな思いました。

嫌いってすごくキツい言葉だと思ってるので使いたくないのもある。

 

 

でも嫌だと思ってるのが自分の気持ちなら、それは仕方ないよね!?

良い子ちゃんせねばって、誰に対してするの?自分に?他の人聞いてないのに?って思ってから、素直に自分の気持ちを認められるようになりました。

 

 

あゆおさんの今回の記事にもあったわけですけど、嫌なものは嫌じゃボケー!!!なわけです。

私はどうにかその嫌いであるという気持ちから逃げたくて、自分の受け取り方がダメなんだろうかとかストレス発散するぜーとか、よっしゃ良い恋愛してみせるぜとか旅行行ってみるか!とかやってみました。

 

まぁ全部不発だったんですけど。

 

 

自分の気持ちを認めたからって何が変わったわけじゃないけど、心から楽しめなかったのも出会いを良いものに出来なかったのも腑に落ちたというか。

そりゃベースが悶々としてるわけですから、そこに楽しいとか嬉しいを注入したところで100%反映しないんですよねー。

 

おっ、真っ黒!私の気持ち真っ黒やんけ!って分かったら、一気に白を狙わずグレーになることを探すかもしれないし、違う引き出しをDIYして作るかも。

 

 

そんな私は先輩の付き添いで休日出掛けることになったんです。

改めて仕事を離れて話すと、嫌な人ではない。

私と価値観が違うから、捉え方や時間の使い方が違うんだなと思いました。

だからといって合わせなければとは思わない。

ほう…ほぅほぅ、うん!合わない!(笑顔)となるだけです。

合わない人と時間を過ごすって苦痛じゃん!と言われたらそれまでなんですけど、そこは個人差があるかと思います。

私は自分の気持ちを認めてからだったので、意外と良いやつじゃん!でも合わないね!となっただけでしんどくはありませんでした(笑)

 

不思議と気持ちが晴れ晴れ。

こうあれねばって、知らないうちに自分をぐるぐる巻きにして自分にさえも嘘をつかせて、自分のことを知ることから遠ざけてしまうのかもしれないなぁと感じました。

 

 

自由が好きな私

私は星占いだと射手座で、動物占いだとペガサス、ホロスコープを見たらASCが蟹座です。

 

特徴として、自由人かつ束縛が苦手で一か所にとどまれず、柔らかく見えるけれど神経質で警戒心が強い。

 

 

 

くっそめんどくs

 

 

そんな気持ちはさておき、こういったもので人ひとり語れるものではございませんが、私はマイペースです。

10代後半まで自覚がなく、周りに苦笑(失笑ともいう)気味に「マイペースだよねぇ」と言われるまで気付かなかった猛者でもあります。

言ってくれて有難う!!と今でも感謝しておりやす。

 

 

何が本題かって、最近異業種交流会的なものに参加している人と話す機会があったんですよ。

ハイ、ここで怪しいと思った方はお帰りはこちらでーす!

 

www.google.co.jp

いうても私が書くことなので、どこぞのサイトやマルチに誘導はしません。

 

 

 

「人は環境の生き物」とは言ったもので、接する人を変えると自然と自分も変わるよねって話をされてました。

起業もしくは何かしらで人生を豊かにしたいなって思ってる人ほど、豊かな人と一緒にいると良いってやつです。

まぁ分かる。

例えば以前参加したあゆおさん達のセミナー。

ここで多少でも引き寄せの体験についてシェアをしたことで、モチベーションがぐっと上がりました(この物ぐさがブログを始めるくらいには)。

ブログやHPなど、一方通行ではない双方通行のコミュニケーションを持つことが大切なんだろうなと思います。

ただし周りにいる人の数より質の方が非常に大切。

ヤンキーに囲まれたら多少なりとも道逸れることもあるだろうし、批判的な人といたら意見が言えない人になったりガンガン他人に高圧的になったり、何かしら影響はあるでしょう。

 

下町ロケットのモデルでは?と言われる植松電機さん

www.youtube.com

この人が言ってるように、自分の思いを言ったときに

「いいね!」と言ってもらえる環境に身を置くってとても重要だと思います。

そういった環境作りも同じく。

大人になったらだんだんと慣れ親しんだ関係だけで過ごしてしまうことが多くなるので、どうしても自ら飛び込む形となるんですけど。

 

 

まぁそんな話を聞いてたんですよ。

ちょっと興味沸きまして、自分も参加してみました。

 

 

 

わー人いっぱいだーもう帰るぅ(人見知りの本領発揮)

 

 

 

みんないい人なんです。

裏がない良い人。

でもですね、人見知りって性格が良い悪いよりも「初対面」×「人数」が影響する。

帰宅した後くったくたです。

 

 

あと言えることは、人見知りをせずニコニコ話しかけてくる人に対しての警戒心は人一倍あります。

身ぐるみ剥がされるんでは…!?と剥いだところで何のメリットもないのに思ってしまう。

(そして結局にこやかにやり過ごせなかったことに後で落ち込むまでが仕様です)

 

 

自己啓発でも引き寄せでも何でも言われてますが、「ゴール(結末)を決める」。

決めてから起こることは全て過程である。

難しいなって感じるのは、そのゴールを維持することでした。

こういった人達と一緒にいる時間を増やすことで、モチベーションが高くいられるんでしょう。

 

 

しかしですよ、私は天性のマイペース。

やりたいことをしたい。

やりたくないことはしたくない。

その性格が顔を出しました。

そして気付いたんです。

 

〜したら叶う

 

と思っていると!!!

気付いたら早いですね。

何でや!そんなわけあるか!!と。

何を勝手に「〜してる人は叶う」という条件を作ってるんだと。

つまりは「〜していない人は叶わない」という条件付けもしてるわけです。

 

やりたくないけど、これをやったら叶うはず…とか、これが近道だから…とか関係あるかい!!!

そもそもその時点で気持ち落ち込み気味ですよ!

「〜しないと叶わない」なら、同じところに「〜しなくても叶う」が存在するはず。

ならそっち選べばいいんじゃん??

 

 

嫌々やってる自分に気付くのも、本音に気付くのも早くなったなぁ。

また行きたいかって言われたら微妙ですけど、学びは多い体験が出来ました。

やっぱり失敗なんてないんだろうなー。

 

怪しいはなし

引き寄せやら潜在意識やらはもちろん、占いさえも訝しいと思ってしまう。

そうでなくても、前向き発言が鬱陶しいって思ってしまう。

これってなんで?と友達と話していたわけですけど、

 

『自己』啓発なのに他人に「こうしろ、ああしろ」と言われてるように思うから、ではなかろうか

 

という結論になりました。

あとテンションの差と、抽象的なこと。

 

 

私は暑苦しく応援して鬱陶しがられてしまうことが良くありました。

私は相手から悩み(というか愚痴)を聞いてるときに「もっとこの人は楽になってほしい!」と思って話します。多分。

(何にも考えてないことも多々ある)

でもですね

 

 

私「どうすればこの事態が少しでも良くなるのか!?くっそ脳みそカラカラだからなんも浮かばぬ…!!!いやいやしかしこうすれば多少は良くなるかなー?改善するといいなー」

 

 

相手「…とかいいつつ、現状を変える方が大変そうだからこのままでいいんだけどね!愚痴言いたいだけなの!自分の受け取り方とか見方を変えるとかマジ勘弁な!何より自分の駄目なとこ見るなんて狂気の沙汰だわ!!」

 

 

こんな感じで同じ場にいてベクトルがあっちこっち向いてる状況だった場合、そりゃ鬱陶しい。

あなたを思ってという名のおせっかいと、実は変わりたくないという現状維持がぶつかり合ってるわけですから。

 

誰かが勝手に私を助けてくれたらいいのにー!

私は一ミリも努力せず世界が優しくなればいいのにー!

そんな人だっていますし、私も思ってる。

あれよあれよという間に億単位の入金があればいいのにと毎瞬思っている。

 

 

自己啓発鬱陶しい!となるのは、話してる側の話すテンションやら話術も大きく影響するかと思いますが、こういったベクトルの不一致もあるんだろうなぁ。

 

私は鬱陶しがられるのも嫌なので、最近は自分の意見というものをグッと抑えます。

その人がどうしたいかが第一。

こういうのはどう?って提案したり、一緒に悩んだらもしますけど、そこまで。

 

良くなりたい!(って思ってるけど、何かしてまではちょっとなぁ)かもしれないし。

まずは()内に気付いてからなんだろうなーと、人を通して自分を見ます。

私もきっと()内で本音が出ていることでしょう。

 

 

でもまぁ、自己啓発って宗教とかと紙一重に見えますよね。

私も相当怪しいことをずっと書いてる。

自分をしっかり持って、ちゃんと『自己』啓発にしないとですね。

我が社の安室奈美恵を考察してみる

我が社の安室奈美恵、自己評価が高くブレません。

何故かなぁと、思うところを挙げてみます。

 

 

彼女は落ち込むし(見てる感じ凹む様子は見える)怒るし、ネガティブな発言もします。

失敗も勿論するし、我が道貫こうとして反感も買います。

でも切り替える。

ずっと落ち込んでる雰囲気を醸し出してもいない。

どうしようもない時は黙る。

普段はとても賑やかで、賑やか過ぎてお局1号に顰蹙を買うくらい。

 

 

秘訣は切り替え上手なところ。

落ち込むけど、落ち込んでも文句を言ってもどうにもならないことは受け入れるとのこと。

つまり

 

「仕方ないよねー!ま、どうにかなるでしょ!」精神。

 

 

勝手な私の解釈ですけど、彼女はそれを繰り返しているうちに抵抗もしなくなったのではないかと思います。

そう、抵抗と言えばいつものあいつ!

(=゚ω゚)ノやぁやぁ

 

 

でもなぁ…

しかしな…

と思うたびに、でもどうしようもないから仕方ない!と思うようにしていたのかなと。

 

 

あと、楽しいことが大好きなんだなと思います。

出来る限り自分の好きなこと、楽しいことで囲まれてるように努力してる方です。

そこで、でもでもだってと思うならば、きっと悲しいこと苦しいことに囲まれたいと思ってるという証拠。(自覚があるかは別として)

彼女は悲しくても苦しくても、その中で出来る最大限で好きなことを身の回りに置いてたんだろうなと思います。

 

 

周りが悪い、自分は出来ることをしているのにどうして。

状況なんて1人でどうにも変わらない。

悲しくても、もう帰ってこない等々。

色々思うことがあるけれど、まるっと認めてしまう。

そして何より自分のために。

 

好きは最強ということだなーと学びました。

我が社一押しです

どうしても言いたいことを表すには私の語彙力が足りないので、昨日書いた中に出てきた我が社のアムロ…じゃない、安室奈美恵をピックアップしたいと思います。
私の底意地の悪さが垣間見えるなーやだなーと思わなくはないんですけど、まぁ今更か。

 


我が社の安室奈美恵、実際とっても可愛いです。
ただ、安室奈美恵系統の顔立ちではありません。
小顔で鼻もシュッとしてて、ぱっちり二重。
………羨ましい!!!!!!
小柄で、ダンスは踊れません。
めちゃくちゃ料理上手。
そんな彼女を取り上げた理由は後にしてですね。
私との対比を綴っていきましょう。

 

 

安室「今日起きたら目が窪んでて、めっちゃ安室奈美恵みたいだったんですよ!!」
私(例えであっても良く出たな、安室奈美恵…(°ω°))

 

 

安室「いやー、もう臨月だからおっぱい凄いんですよね。ほらほら叶姉妹レベルじゃないですか?」
私(臨月時点で私より小さいから、少なくとも叶姉妹までは遠いが?)

 

 

安室「1人目生まれて体質が変わったのか、すっごい痩せたんですよね!もうガリッガリです。ガリッガリ!!」


(※ネットの拾い画です)

私(これで言うところの60〜80の間だから、細いけどガリッガリではないような??)

 

 


何が言いたいかって、彼女はブレない、で私はブレブレってことです。

 


彼女の中での自分の
安室奈美恵
叶姉妹
・ガリガリ度
が上下してるということ。


そこに多数が思う共通認識としての安室奈美恵叶姉妹はいないのです。
胸のサイズなんかは数字として出るので比べやすいですが、そのサイズとかどうでもいいんですよね。
妊娠前までの自分より、臨月の自分の胸は叶姉妹度が高い。それだけのことなんです。


彼女はきっとこの基準で生きてきて、私は自分が思う他人の目線をすごく気にして生きてきている。
だから、たまに彼女のように意識にさえ上がらないくらいの「ブレなさ」に会うと苛々します(笑)
勝手なこと言って!!みたいになる。
まぁ僻みですよ。
まるでその怒りが正義かのように私のなかのエゴは言うので、彼女の基準を否定してしまうこともあります。
なんてことだ!

 

 

自分の価値観は受け入れて欲しいけど、テメェのは駄目だかんな!

 

 

と言ってるわけです。

すごいドヤ顔で。

 

そして彼女は人の意見に左右されないくらい自分の価値が高いことを知ってます。

聞いたことないけど。

聞いたら絶対否定するだろうけど。

 

 

このブレのなさと自己評価の高さって、どう身に付けて来たんだろう。

私なりに思うことはまた次の機会に。