わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

読書の習慣

本は定期的に読むようにしています。

読まなくなると、まったく読まなくなってしまうので。

(しかし言うほど読んでもいない)

 

その中でも小説が読みたくなったり、エッセイが読みたくなったり、図鑑が見たくなったり。

今はビジネス書。

何のきっかけか、薦められて買ったこの本。

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学(単行本)

※なぜかリンクが貼れないのでタイトルだけ

 

良くネットワークビジネスで使われるのを知っていたので、読む気にもならず放っていたわけですが、本に罪はない。

適当に読むか!くらいで読んでみたけど、結構面白かったです。

ネットワークビジネスに使われてるのは、著者がそれも収入のひとつと提示しているからかも。

でも私が持っていたネットワークビジネスと別物に感じたけれど。

 

 

いわゆるネットワークビジネスと言われるものって、

①ある一社が販売する商品を薦める

②口コミだけで売る

③友達や知り合いに薦める

④その売り上げに対して一定のキャッシュバックがある

というイメージ。

商品を売るのに、売り手のネットワーク(人間関係)を使いますよってことなんですけど、本に書いてたネットワークってちょっと違う印象。

 

私が本を読んで受けたのは、

色んなビジネス(被雇用者含む)をしている人同士で、何か困ったり落ち込んだりする場面に出くわした際に、お互いどうしているかを相談したり励ましあったりする場を持つといいよっていう内容でした。

 

 

ぜ、全然違うかもしれないけれど!!!(読解力ください)

 

 

あと、収入を得るためにはいろんな職業や立場があるわけですが、どの選択もOK。

どの立場にいようと、自分がどうありたいかを強く持ちなさいっていうことでした。

タイトル通りお金に対して特に強く書いてましたねぇ。

またビジネスオーナーや投資家と被雇用者は、思考が全く違うということ。

視点が違うし、その視点でいる時間が長ければ長いほど、そこから生まれる考えが「当たり前」になる。

そりゃ違うだろうなぁ。

 

この立場の違いを詳細に書いたのが

 

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

 

こちらはこちらで面白かったです。(長かったけど)

しかしこういう本って感想書くにも気が引けるな…(笑)

マルチに引っかかったことがあるので、抵抗感はすごいある。

壺売ったり、友達紹介ねだったりしませんので!!!!!!

 

 

何にも考えず読んだら、そうかそうかこういう本かって受け止められる。

啓発されるか反発するかは別として。

ただ文章を読むことさえ阻むわけです。

先入観って物事を歪めちゃうなぁ。

歪めるどころか、知ってもいないのに知っているかのように物事を作り上げてしまうなぁと思った出来事でした。

怪しいはなし

引き寄せやら潜在意識やらはもちろん、占いさえも訝しいと思ってしまう。

そうでなくても、前向き発言が鬱陶しいって思ってしまう。

これってなんで?と友達と話していたわけですけど、

 

『自己』啓発なのに他人に「こうしろ、ああしろ」と言われてるように思うから、ではなかろうか

 

という結論になりました。

あとテンションの差と、抽象的なこと。

 

 

私は暑苦しく応援して鬱陶しがられてしまうことが良くありました。

私は相手から悩み(というか愚痴)を聞いてるときに「もっとこの人は楽になってほしい!」と思って話します。多分。

(何にも考えてないことも多々ある)

でもですね

 

 

私「どうすればこの事態が少しでも良くなるのか!?くっそ脳みそカラカラだからなんも浮かばぬ…!!!いやいやしかしこうすれば多少は良くなるかなー?改善するといいなー」

 

 

相手「…とかいいつつ、現状を変える方が大変そうだからこのままでいいんだけどね!愚痴言いたいだけなの!自分の受け取り方とか見方を変えるとかマジ勘弁な!何より自分の駄目なとこ見るなんて狂気の沙汰だわ!!」

 

 

こんな感じで同じ場にいてベクトルがあっちこっち向いてる状況だった場合、そりゃ鬱陶しい。

あなたを思ってという名のおせっかいと、実は変わりたくないという現状維持がぶつかり合ってるわけですから。

 

誰かが勝手に私を助けてくれたらいいのにー!

私は一ミリも努力せず世界が優しくなればいいのにー!

そんな人だっていますし、私も思ってる。

あれよあれよという間に億単位の入金があればいいのにと毎瞬思っている。

 

 

自己啓発鬱陶しい!となるのは、話してる側の話すテンションやら話術も大きく影響するかと思いますが、こういったベクトルの不一致もあるんだろうなぁ。

 

私は鬱陶しがられるのも嫌なので、最近は自分の意見というものをグッと抑えます。

その人がどうしたいかが第一。

こういうのはどう?って提案したり、一緒に悩んだらもしますけど、そこまで。

 

良くなりたい!(って思ってるけど、何かしてまではちょっとなぁ)かもしれないし。

まずは()内に気付いてからなんだろうなーと、人を通して自分を見ます。

私もきっと()内で本音が出ていることでしょう。

 

 

でもまぁ、自己啓発って宗教とかと紙一重に見えますよね。

私も相当怪しいことをずっと書いてる。

自分をしっかり持って、ちゃんと『自己』啓発にしないとですね。

我が社の安室奈美恵を考察してみる

我が社の安室奈美恵、自己評価が高くブレません。

何故かなぁと、思うところを挙げてみます。

 

 

彼女は落ち込むし(見てる感じ凹む様子は見える)怒るし、ネガティブな発言もします。

失敗も勿論するし、我が道貫こうとして反感も買います。

でも切り替える。

ずっと落ち込んでる雰囲気を醸し出してもいない。

どうしようもない時は黙る。

普段はとても賑やかで、賑やか過ぎてお局1号に顰蹙を買うくらい。

 

 

秘訣は切り替え上手なところ。

落ち込むけど、落ち込んでも文句を言ってもどうにもならないことは受け入れるとのこと。

つまり

 

「仕方ないよねー!ま、どうにかなるでしょ!」精神。

 

 

勝手な私の解釈ですけど、彼女はそれを繰り返しているうちに抵抗もしなくなったのではないかと思います。

そう、抵抗と言えばいつものあいつ!

(=゚ω゚)ノやぁやぁ

 

 

でもなぁ…

しかしな…

と思うたびに、でもどうしようもないから仕方ない!と思うようにしていたのかなと。

 

 

あと、楽しいことが大好きなんだなと思います。

出来る限り自分の好きなこと、楽しいことで囲まれてるように努力してる方です。

そこで、でもでもだってと思うならば、きっと悲しいこと苦しいことに囲まれたいと思ってるという証拠。(自覚があるかは別として)

彼女は悲しくても苦しくても、その中で出来る最大限で好きなことを身の回りに置いてたんだろうなと思います。

 

 

周りが悪い、自分は出来ることをしているのにどうして。

状況なんて1人でどうにも変わらない。

悲しくても、もう帰ってこない等々。

色々思うことがあるけれど、まるっと認めてしまう。

そして何より自分のために。

 

好きは最強ということだなーと学びました。

我が社一押しです

どうしても言いたいことを表すには私の語彙力が足りないので、昨日書いた中に出てきた我が社のアムロ…じゃない、安室奈美恵をピックアップしたいと思います。
私の底意地の悪さが垣間見えるなーやだなーと思わなくはないんですけど、まぁ今更か。

 


我が社の安室奈美恵、実際とっても可愛いです。
ただ、安室奈美恵系統の顔立ちではありません。
小顔で鼻もシュッとしてて、ぱっちり二重。
………羨ましい!!!!!!
小柄で、ダンスは踊れません。
めちゃくちゃ料理上手。
そんな彼女を取り上げた理由は後にしてですね。
私との対比を綴っていきましょう。

 

 

安室「今日起きたら目が窪んでて、めっちゃ安室奈美恵みたいだったんですよ!!」
私(例えであっても良く出たな、安室奈美恵…(°ω°))

 

 

安室「いやー、もう臨月だからおっぱい凄いんですよね。ほらほら叶姉妹レベルじゃないですか?」
私(臨月時点で私より小さいから、少なくとも叶姉妹までは遠いが?)

 

 

安室「1人目生まれて体質が変わったのか、すっごい痩せたんですよね!もうガリッガリです。ガリッガリ!!」


(※ネットの拾い画です)

私(これで言うところの60〜80の間だから、細いけどガリッガリではないような??)

 

 


何が言いたいかって、彼女はブレない、で私はブレブレってことです。

 


彼女の中での自分の
安室奈美恵
叶姉妹
・ガリガリ度
が上下してるということ。


そこに多数が思う共通認識としての安室奈美恵叶姉妹はいないのです。
胸のサイズなんかは数字として出るので比べやすいですが、そのサイズとかどうでもいいんですよね。
妊娠前までの自分より、臨月の自分の胸は叶姉妹度が高い。それだけのことなんです。


彼女はきっとこの基準で生きてきて、私は自分が思う他人の目線をすごく気にして生きてきている。
だから、たまに彼女のように意識にさえ上がらないくらいの「ブレなさ」に会うと苛々します(笑)
勝手なこと言って!!みたいになる。
まぁ僻みですよ。
まるでその怒りが正義かのように私のなかのエゴは言うので、彼女の基準を否定してしまうこともあります。
なんてことだ!

 

 

自分の価値観は受け入れて欲しいけど、テメェのは駄目だかんな!

 

 

と言ってるわけです。

すごいドヤ顔で。

 

そして彼女は人の意見に左右されないくらい自分の価値が高いことを知ってます。

聞いたことないけど。

聞いたら絶対否定するだろうけど。

 

 

このブレのなさと自己評価の高さって、どう身に付けて来たんだろう。

私なりに思うことはまた次の機会に。

自分DAISUKI★

私は自己評価が低いんです。

以前は「息しててすいません…!!!!!」って五体投地するくらい自分への価値観が低かった。

すれ違う全然縁もゆかりもない、むしろ顔の良し悪しさえはっきり覚えてない通行人と比較して「この格好で外出てる私は、セルフ羞恥プレイしてるようなもんだな」と思ったりするわけです。

褒められなれてないこともあり、褒められると引くくらい謙遜する。

行き過ぎた謙遜は文句になってしまうんだなぁと思うこともあり…。

そんな時、「じゃあ服装普通の…分からんからお店の人が薦めるやつでも構わぬ…人間にならねば」と思ってお買い物に行ったり、「お化粧という名のお面をせねばやで!!」とファンデーションと頬紅塗ってみたりするわけです。

 

 

そう、自己評価が低い割に「どうせ不細工ですから、何もしない」とならない。

そこにひょっこり気付いて、こいつはもしかして自己評価低いの嫌だと思ってるのでは?と思ったわけです。

それでOKと思っていたら、こんなに時間やお金を投資しないと思うんですよ。

好きなことしたいし。

 

自己評価低い(自分はブスだデブだ性格クソ野郎だ)のが嫌 ⇒ 良くなるように動く

 

最近ここの ⇒ の前がまたぼんやりしか掴めておらず、前面に出ている「自分が好きじゃない」と戦っていたわけです。

言葉は不思議なもので、声に出すとより感情が鮮明になる。

「私自己評価低いんだよー」の後の「嫌なんだけど、自分の価値低いって思ってることが!!!」っていう気持ちがぐっと強くなりました。

私は自分を好きでいたい。

めちゃくちゃ高みにいなくても、駄目だと思いたくないわけです。

そして思ったのが

 

「自分大好き野郎に会ったことがない」ということ。

 

 

 

( ˙θ˙ )

 

 

 

あ、職場にいた。

寝起きが安室奈美恵みたいと言った方が(笑)

可愛いのは事実だけど安室奈美恵ではないなぁ。

 

少なくとも親しい仲では自己評価が抜群に高い人はいません。

常に自分最高!!と思ってる人よりも、何らか自分なんて…と思う人の方が多数派なのでは?

それなら私の自己評価低いのも同じじゃん!と上向いたのです。

 

しいたけ占いのしいたけさんブログであったんですけど、

loa.antenam.biz

しょうがない。

私はよく「まぁそれも有りだね!」と思ってたんですけど、そういう感覚かな。

 

ブスだわ。それも有りか。

デブだわ。それもしょうがないなー。

 

まぁまぁまぁ、このパターンも有りでしょ!って思って一旦思考を切っちゃう。

こういう人もいるよねーって自分を他人のように見てみる。

ナノ単位で上向きにすることが肝要なんだったなーと思いだしました(しょっちゅう忘れる)

 

そうだ、長年仙人目指してたから…。

うっかりまた仙人目指そうとするんだよ…。

癖って怖いなってことと、でも気付けば方向転換すれば万事良好だ!

_(:3」∠)_

せっかく書いた下書きを手違いで消して不貞腐れていたももさくです。

そろそろ腐っていた期間を脱出出来そうな予感。

回遊魚ばりに止まることは即ち死!!とばかりに必死に夢中になれることを探してました。

ただ無為に仕事をして家に帰って寝てを繰り返してることが、ものすごく無意味で生産性のないことをしてる気持ちがしてました。

その生活をしている人全員がそうであるなどは全くなく、ルーティンになり馴れ合ってしまっていた自分自身に対しての閉塞感。

 

突破口はこんなこと!とはっきりしてはおらず、多分乗り気じゃなく誘われて参加した英語レッスンや、そこでまた誘われて参加した飲み会に行ったこと。

友達に気持ちを話したこと。

1人で家でゴロンゴロンとのたうち回って寝てたこと。

せめておシャンティ気分を味わうかと、1人でカフェに出向いてみたこと。

そんでもって立秋(笑)

もだもだとスッキリしないままでもちょーーーっとだけでも動いてみるかと思ったことで、少しずつだけど方向が変わったのかもしれません。

 

6月くらいから暑さのせいか、毎年心身ともに調子を崩します。

あと燃え尽き症候群のように、ちょっと疲れてる。らしい。

毎年のことなのに、暑さのせいかー!とだけの認識でした。

おそらくこの時期が毎年の自分の充電期間。

 

友人が、充電しないと走れないでしょ?って言ってくれたように。

止まることを毛嫌いしないで、持ってるイメージを変えてみよう。そのチャンスが来たんだ!と思えたように。

あとしいたけ占いのしいたけさんも書いていらしたように(熊本講演で感じたこと|しいたけオフィシャルブログ「しいたけのブログ」Powered by Ameba)

ただ生きていればいいんだと思います。

 

生きてないと閉塞感も何もないわけです。

ご飯美味し………くなーーーい!くっそ!って思おう。

いつか美味しく感じるはず。

家でゴロゴロ楽し………くねぇ!!!!ドラクエ買おうかな!!って思おう。

アグレッシブなネガティブ。

でもそんな元気もない時は、泥のようにただただ時間が過ぎるのを待つ!

仕方ないと諦めてみよう。

 

 

私は諦め悪く、ずーっとどうにか…どうにかならんのか…と抵抗していたので今回長く憂鬱としてとおりました。

次はあっさり諦めてみることにします(笑)

同じようなこと、何回書くねん!てくらい鬱陶しいことばかり書いていたと自覚してます。

 

そして動き出したら、やっぱり早い。

出会う人も見る景色も、うだうだしていた時も良い印象へと変わるんだなぁ。 

 

大好きな季節へと変わるので、ますますこれから楽しみ!

夏が苦手だ

温度がというよりも、湿度がダメだ…。

体質的に放熱がど下手くそなので、暑くて湿度が高いと体温が自然と上がるのみ。

遊んでいてもすぐにぐったりしてしまう。

そしてそれがなかなか回復しない。

気持ちももちろん上がらない。

最近こればっかりだなと思ってましたが、結論が出ました。

 

 

 

夏だからだ。

(夏が好きな方、申し訳ありません)

 

 

もうどうしたってすぐさま元気になるわけでも暑さや湿度に強くなるわけでもない。

昔から夏場は元気がないので、これはもうまるっと夏のせいにしました。

そしてそんな中、先週末やってた情熱大陸を見て触発され(単純)、筋トレしようと決意しました。

ずーーーっと筋肉量が足りないよと言われ続けてるので、何とかしないと。

どうしてもすぐ止めちゃう→また思い直して頑張る→止めちゃうを繰り返しているので、細くとも継続することを目指してみよう。

体型とか筋肉とかおいといて、とにかく続ける。

1日ちょっとだけでもやってみる。

やれたら褒める!

 

 

そんなわけで、限りなくハードルを下げて再び頑張ることにしましたー!

夏バテ治りますように!