わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

今までのこと その1

どーでもいい私の日常はさておき。

私が書きたかったことはスピリチュアルなこと。

色んなブログやHPがございますが、読んでる皆様は日常でスピリチュアルな話はされたりするんでしょうか?

 

私は相手を選びます。

 

占い好きなのー♡くらいは言うかな。

占い何年も行ってないけど。

 

引き寄せ知ってる?などなど、相手を選ばず会話には出しません。

好きなジャンルなのにね。

だからこそのブログ!!!

好きなだけ書いてやるんだからねっ

 

 

そんな理由でスピリチュアルなことを書きます。

まずは引き寄せの法則のこと。

 

私はとっても気が強く、上司だろうが相手が社長だろうが、理不尽に抑えつけられるとブチ切れておりました。

また見下してもおりました。

私の言うこと聞けよ!!くらいの勢いでした。

私もすんごい失敗しているというのに。

なので仕事は常に不機嫌。

電話の相手にご機嫌伺いされる始末です。

当然好かれるはずもないわけで…。

仕事をする社員の方につれなくされておりました。

そんな私は、

①周りは何て心の狭い自分勝手なやつばかりなの!!

②私はなぜ相手のことをもっと寛容に受け止められないんだ!!(思った通りに事が進まないと、すぐ苛々してた)

と、ずっと思って仕事をしてました。

 

文字にすると分かりやすいけど、二律背反もいいところ。

アンビバレンツな心の状態に、日に日に眠りは浅くなるばかりでした。

そんな時に引き寄せの法則を知ったはず。

現状をどうにかしたくて、知った時は魔法みたいだ!と思った記憶があります。

良いこと思ってれば良いことが来るんだー!と。

 

 

…………来るわけないよねー!!!

 

 

前述の通り、毎日くっそイライラして過ごしてたわけです。

理由さえも当時の私は分かりませんでした。

家族にも当たり散らして友人にも当たって、本当正直刺されても仕方ないレベルだったかと思うし、思い出したくない(笑)

そんなフラストレーション、どこに出たかと思えば、食べること。

とにかく太かった。すんごい豚だった。

せめて愛嬌があればよかったけど、それさえなかった。

むしろ愛嬌大事なのに、一番なかった。

必死に引き寄せやら占いやらの関連を読んでました。

一向に好転しませんでしたが(笑)

 

なので引き寄せ的にというどころか、人間的に失格なところから今に至るわけです。

 

引き寄せを知ってる人は最初に躓きがちなのでは?

良いこと思ってるのに、どうして何にも変わらないの?というところに。

私はずーーっと思ってました。

悪いことを浮かべたら…死ぬ…!!(あわわ)くらい思ってた。

引き寄せ達人は、一日浮かれてるんだくらい思ってた。

達人と私は、天と地ほど差があると。

そんな上手く思考の切り替えなんぞ出来ないよって。

 

 

今なら言えるけど、本当に自分のこと知らなさすぎたなー。

ちょっと長くなったので、とりあえずここで一旦切ります。