わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

正直好きなんです

私は昔から、周りの人は何だかんだ言いつつも上手くいってると思ってる。

私だけ上手くいってないと思ってた。
 
そんな私と周りの違いってなんだろう?
 
 
顔立ち?
いやいや…それなら美女と野獣、美男と野獣カップルは生まれないだろーよ
 
生い立ち?
うーん、影響はあるだろうけど…
金持ちどクズもいるし
 
性格?
これは確かにね!!
性格いい子って好かれるよね!
やっかまれもするけどね。
 
 
どうであれ私も上手くいきたい。
何か違いがあるなら、学んで自分もそうなるしかない!
と思った私が思うことは、
 
 
上手くいってる人は、自分の好きに正直である
 
 
ということ。
まぁこの上手くいってるってところが、なかなか手強いものだと気づくのにも結構かかったし、攻略中なう。
分かってはいるけど、なかなか今までの思い癖って治りませんねってところ。
 
先のイベントの時に、埼玉からいらした素敵女性が質問されておりました。
 
「好きが分からないんですけど…」
 
 
 
あー!!!わーかーるううう!!!!!
 
 
主催のお二人は、好きなことをお仕事にされていて、本当に羨ましい限り。
そういう好きなことって何かな?と思っても、思い浮かばない。
どうしたものか…
 
 
ああ、私は自分の好きを素直に言ってきた機会が少ないかもと思い出しました。
好きって言って、変に思われたらどうしよう。
周りに顰蹙を買ったらどうしよう。
水を刺されたら嫌だな。
 
そう思ってしまう経験を経ているからだろうと思うんだけど、自分の好きにめちゃくちゃ鈍感。
好きを表現というか、顕現するのが上手くない。
ぼんやり。
だから自分でも、これ好きなのかな?ってなってる。
好きと言いつつ、実は好きじゃなかったら、好きじゃなくなったらどうしよって勝手に不安になってる。
つまりは自分の中での「好き」が崇高なものになってた。
 
ハードルが高いものだから、そうそう簡単に好きと言えないわけですよ。
でも、誰かに無理やりそういう位置にしなさい!と言われたわけでもないのに、どうして難しくしてるのか。
私がサトラレでない限り、考えてることはバレないんだから、自由に思ってもいいのか。
 
 
イベントに行ってから、当日の私は何を思ってたかなーと思い返したら、こんなことを思ってました。
好きなものに素直でいることと、敏感でいることが大切なんだろうな。
嫌なことがあっても、好きを知っていれば気持ちを軽くする糸口を掴んでるわけだし。
 
鳥頭なので、忘れないようにメモなり写真なりで簡単に留めておくようにしようかな。
 
 
あ、あとどうでもいい補足。
お局1号も体調が崩れておりました…。
ちょっとびっくり。