わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

知らなければよかった。二律背反で引き裂かれそう

引き寄せっていうことを知ってから、知らなければよかったなと思うことも多々ありました。

 

最初は単純に

良いこと思ってたら(気分良くいたら)私の願いことは叶うんだー!わーい!って思ってた。

 

もうね、全然叶わない。

願ってるのに、寝ても覚めても願ってるのに叶わない。

叶う兆しすらない。

おかしいな、お隣に間違えて配送されてるの?

宛名間違えてませんこと?

 

 

こうなると気分良くいるなんて、無理もいいところ。

 

 

ちょっと!どこのどなたか知りませんけど、早くしていただけません!?

 

どこに依頼すればいいですかね?

サービスセンター教えてくださいよ!!

 

 

内心こんな感じで過ごすことに。

そしてネットを見ると

 

方法は考えない。

これじゃないとダメ!をやめる

等々…

 

 

は?

何言ってんの。

 

私はAじゃないと嫌だし、それじゃないと叶ったって嬉しくないんだけど?

 

 

それでもいい気分でいないと、イライラしたらそういうことが引き寄せられちゃうから…

どうしよう、ヘラヘラしとけばいいのかな

とりあえず好きなもの食べてみようかな

いやいやデブなのに食べんの?

好きなものも食べられない、お買い物も出来ない、彼氏もいない。

いい気分ってどうすればなれるの?

こんなにイライラしてるのに!

 

 

私はこんな感じで結構な期間おりました。

まぁ読んでて、この人どうなのと思われるくらい、だんだん病んでくるしイライラしてくるわけです。

だって引き寄せって"いい気分でいないといけないもの"にしていたので。

 

 

そんな結構悶々としていた期間を脱したきっかけは、何だったかなぁ…。

 

恋人が欲しい。

お金が欲しい。

仕事がしたい。

などなど思ってたんですけど、端的に言えば幸せになれれば何でもいいんでしょってことは、早目に気づいておりました。

 

でも私の底の浅い人生において、お金の入るルートや恋人を作るルートは仕事をするとか合コンするとか、それくらいしか浮かばないんです。

でもそのルートで手の打ちようがない。

悶々とする。

幸せならなんでもいいと言いつつ、とりあえず思いつく楽しいことをして、これでいいのかと不安が強くなる。

悶々とした気持ちをどうにか誤魔化し生活すると、何だか良くわからないモヤモヤを抱えてしまうんですね。

 

そんな折、自分のコンプレックスを指摘されて感情が爆発しました。

もちろん、相手はそういうつもりはなかったと思います。

家に着いて気分転換しようと思っても、その人の言葉がぐるぐるし続けて。

 

「怒ったらいやなこと起きちゃう」

「自分にも嫌なところあるし、言われたことはもっともなんだから許さないと」という気持ちがあったけど…

 

 

 

うるせえわ!!!!!

 

 

 

と思い切り爆発しました。

床に叩きつけてやった(弁当袋を)。

それから、ふんがふんがと地団駄踏みつつ怒る。

気が済むまで怒る。

でもそんなに持ちません、実際。

疲れてなのか何なのか、思い切り怒るとちょっと落ち着いたんです。

 

あとは

・何がそんなに嫌なのか

・どうなればいいのか

これをひたすら書き出すことにしました。

(それと弁当袋を拾う)

 

目が腫れるくらい泣いたし、しんどかったけど、自分をもっと大事にしてよ!何で悪いところばかり言うの!という気持ちを持ってることに気付きました。

自分なんて…って思っていたくせに、いやいや大事にしろや!って心の底では思ってるわけですね(笑)

天邪鬼もいいところ。

 

書き出すって結構発見があって楽しいなってことも知れたし、いい機会でした。

 

 

あとは何より、

 

感情に向き合った方が早い

 

ってことが分かったのは大きかったです。

 

良く向き合うとか認めるとかいうけど、頭で分かってても腑に落ちてなかった。

来てもいない未来を心配したり、いもしない他人の目を気にしたりして感情をぼやかせてしまうと、だんだん心が鈍くなってしまう。

TPOは弁えつつ、自分の気持ちと寄り添うのは本当に大事だなと思いました。

 

一生分かるわけもない他人の気持ちを分かろうとするより、自分の気持ちを分かろうと探る方が簡単なはず。

 

 

 

そんなこんなで、落ち込むことはありつつも、自分に寄り添うっていう活路を見出せたわけです。

この辺の葛藤ってみんな大なり小なりあるんだろうなぁ。

嫌なら嫌と認める。

いい子ちゃんでいたいけど、それは誰にとっての「いい子」なのか。

私にとっての「いい子」でいたいから、私は自分に寄り添いたいな。