わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

「想いはエネルギーだから良いも悪いもない」に、自分なりの決着がついた

いい気分のときって、いろんなことに前向きだし自分の受け入れも結構出来るんだけど、嫌な気分のときって他人はおろか自分に対してもとても心が狭くなる。

 

理由があって嫌な気分のときならいいんですが、理由がよく分からないときってありませんか。

女性なら生理前とかね。

まったくPMSの症状が出ない人って稀なんじゃないかなぁ。(自覚の有無は別として)

ご多分にもれず私もそうです。

そんなとき、イライラしている自分にイライラしてます。

静かに過ごしたいけど、仕事をしていたらなかなかそうはいきません。

話し掛けられるし、話してるの聞こえるし。

 

不思議なもので気持ちが乗っているときはないんですが、乗っていないときは「みんなこういう気持ちのとき、どうしてるのかな…」と知りたくなります。

今はネットで何でも出てくるんで、さくっと検索。

そして出てくるこんな言葉。

 

 

気分の良い悪いはただのバイオリズムだから、気にすんな

 

 

気にならないなら、最初から聞かねぇっつうの!!

と思いつつ、まぁそうですねという気持ちもある。

上がることがあれば下がることもあるし、むしろそれこそコントラスト。

気分が「良い」が分かるのは「悪い」があってこそ。

でも今知りたいのそこじゃない。

 

 

私がみんなどうしてるのかなーと思っている理由としては、

・みんな機嫌や体調が悪くても、大人な対応をしているように見える

・機嫌の悪さを他人のせいにしない

・私だけが気分の上がり下がりが激しい人間に感じる

ということからです。

昔から結構な気分屋さんな自覚はあるんですが、アッパー方面に触れることがあまりないように思ってて、どっちかっていうとダウナー。

周りにこんな奴いたら嫌だなぁって思っていて、どうにかみんなのように対処したい!と思ったのがきっかけでした。

何より、嫌な気分でいるのが嫌だっていうのが率直な気持ち。

イライラ落ち込むの好きじゃない。

 

今は色んな方の対処法を見て、自分なりに試行錯誤もして、マイナスからの立ち直りが早くなったように思います。

 

「マイナスだし、プラスにしたい!!」「しなければ!」という思いがなくなったからかも。

マイナスに落ちている(右肩下がりが継続している状態)のが嫌なんですが、もうすぐ底をつくかも、それならそれ以上いかないし良いか!あとちょっとの我慢だー!と自分の中のハードルを下げました。

嫌な気分は嫌な気分。

今日の私はそんな気分なのだと、さっさと帰ってゴロゴロして、寝る!と割り切れば、案外周りが気にならない。

早く寝て早く起きて、美味しいコーヒーでも飲むかとか。

どうしても仕事や嫌なやつのことが頭から離れないなら、それに対しての思いを書き出して吐き出すとか。

そんなことをしてます。

 

嫌な気分は駄目なことではない。

それはそれ。

嫌な気分であることは駄目なことだと否定して、逆に固執してしまうから継続してしまう。

気分はさておき、自分は今どうしたら落ち着くかなって思って動くようにしてます。

 

 

それで、この前この記事を読んでました。

www.hikiyose-life.info

なるほどなー。

 

良い気分 ⇒ 目の前の人参

嫌な気分 ⇒ お尻ぺんぺんする鞭

 

どちらも自分の動かすためのエネルギーってことですね。

この記事で、ようやくエネルギーだから、バイオリズムだから気にすんなってことが分かったような(曖昧)

分かったというか、やっぱり自分はずっと嫌な気分は駄目だ!嫌いだ!と否定していたんだなと納得しました。

それが逆に自分をさらに苦しめてしまうなら、さっさと認めてしまった方がいいんだなって。

 

きっとこれからもイラッとすることはあるんだろうけど、そういう時にホッと出来るスペースを持っているといいかもですね。

家であったりお気に入りのカフェであったり。

そういう場所探し(作り)するぜー!という日を持つと面白いかもしれないなぁ。