わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

私の脳内の攻防

~前回までのあらすじ~

何だか思い通りにいかない毎日。

現実的な行動もしつつ、スピリチュアルなことにも頼りつつ、悶々としていた私。

いろんな葛藤をしていたときに、ふと気づいたあいつの存在。

 

お前、誰やねん。

 

ずっと囁き続けるあいつとの攻防が始まります。

 

 

★以下暴言注意。

 

 

 

 

あいつは色んな場面で出てきます。

四六時中ずっといます。

主張が激しい。

びっくりするくらい自己主張強い。

なのになぜ気付かなかったんだ。

 

書きやすくするため、恋愛結婚からの問答を取り上げて書いてみます。

 

 

 

 

 

「相手の言ってることも分かるし、もはや都合のいい関係だから、良い人見つけないとなー」

?『でもツテもないやん。友達少ないし』

「まぁそうですね。婚活的なことしてるし、そっちで…」

?『いやいや、その顔で?』

「そこは仕方ないかなって…。お化粧頑張る…」

?『頑張ったってその程度やん。もっと痩せてから言わんと』

「結構頑張って痩せましたけども…」

?『でも君より重い子より、君の方がデブやで見た目。もっと太ももとか腰とか引き締めな。ていうか何ごろごろしてんねん』

「筋トレしないとですね…」

?『大した筋トレもしてないし、続けんの苦手なくせに。だからモテへんねん』

「そうですね…」

?『そもそもさぁ、モテる子って雰囲気も可愛いやん。君近寄りがたいくらい雰囲気キツイからあかんねん』

「……」

?『しかも面食い!(笑)イケメンはもっと可愛い子好きやで』

「……」

?『まぁ蓼食う虫もなんとかっていうから、物好きはおるかもね?めっちゃ倍率高いけど(プークスクス)』

「・・・・・・

 

 

っはーーーーもう、うっせえな!!!!!

うだうだ言いやがって、人が前向きに頑張ろうっていうのに水しか差さないってのか!

てか誰だお前!私か!私なのか!

私がブスだと!?親見ろ!残念ブスだ!!

今でデブなら、40kg切らないとずっとデブじゃん!

そんな体型求めてないわ!

40kg切ったって絶対文句言うだろ!

何で私が自分の幸せ妨害してんだよ!!

お前がいなきゃ絶対幸せじゃん、今!今すぐハッピーだよ!

ごちゃごちゃ言わずに応援してろよばーかばーか!!!

えーっとえっと、くっそバーカ!(語彙力皆無)

 

 

 

 

 

 

リアルにうるせぇな!のところは声が出ました。

そこでひとしきり独り相撲をした後、とてつもなくスッキリしたんです。

潜在意識とか引き寄せとかどうでもいい。

どんな自分でも幸せだし、これから幸せになるんだよ!って。

それをどうして自分が止めているんだ、おかしくない!?って気づいたわけです。

 このやりとり、あいつに気付いてから何度も繰り返しております。

 

「~になりたいから、〇〇しようかなー♡」

『ファイナルアンサー?』

「…いや、やっぱり止め…ってやかましいわ!!またか!」

 

あいつの必殺技はみの☆もんた張りの問いかけと、ちゃぶ台返しです。

存在に気付いてから、NOと言える日本人となりました。

 

 

しかしあいつは悪い存在ではありません。

私の中のあいつのおかげで、私は危機的状況を脱したこともあるでしょう。

(覚えてないけど)

TPOに応じた行動が取れているのもあいつのおかげ。

だってあいつは私が嫌がることを避けられるように、囁くわけですから。

 

 

あと、私の中のあいつは教官タイプでして。

ダイエットで痩せても「まーだまだだよ!」と言ってきます。

叱咤激励というより駄目出しです。

可愛いねと言ってもらえたとしても、すかさず「社交辞令だかんな!真に受けてんの?」と言ってきます。

それに私は反射的に

「Yes,Mom!」と応え続けていたんだなーと気付きました。

この駄目出しは自分を良くする言葉なんだと信じて疑わなかった。

だから気付かなかった。

 すべてイエスマンの私こそが、幸せを妨害してたことに。

あまりにも自動的だったんです。

 

「~したい!(願望)」

つ彡『やれるのか?』(サッ

「やっぱりちょっと考え直そ…」

 

 「~なりたい!(願望)」

つ彡『もうちょっと現実見ろよ!』(サッ

「高望みダメ絶対」

 

わんこ蕎麦かってくらい間を置かずに合いの手が入ってたんですね。

そして私も瞬時にYES!!と応えていたわけで。

私はそのやりとりにようやくNOの選択肢があるのを思い出して、選んでおります。

あと、そもそもどっちでもいいや!

YESだろうとNOだろうと関係ないわ!!とも思うようになりました。

 

あとこのまとめを読んで

 

ameblo.jp

 

これいいな!と思いました。

「どんな私でも幸せになってもいい?」

『いいよー』

ってやると、ほっとしたので。

じゃあ教官なあいつがどう言おうと、それに対してYESだろうとNOだろうと関係なく幸せになっていいんだと思えました。

 さてさてここからどうなるやら。

でも何かあっても、幸せなんだよ!ってところは、しばらくはブレずにいれそうです。