わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

目から鱗ってこのこと

最近天災だけじゃなく、ちょっと周辺が不穏ですね。

友人とミサイル怖いねーって話していたときに、これは凄いなぁって思った一言。

 

 

「じゃあ仲良くなるにはどうすればいいと思う?」

 

 

私にこの視点はありませんでした。

だから聞かれたときに、「え!?どうしよ、どうしたらいいんだ…」とあたふたとしてしまったのです。

同じ質問を母にした際は「無理に決まってる」と回答があったんですが、それはどうかなぁ?

それは『仲良くなんて出来るわけがない』ではなくて『仲良くしたくない』から無理ってことじゃん?

だからと言って私自身仲良くしたいのかって聞かれたら、したくはないんですけども(笑)

 

さてさてそこはさておき、感心したのは質問内容ではありません。

視点の違いです。

上の例で言うと、

私「どうしたらあの国は大人しくなるんだ(トップを潰すしか…と思ってた)」

友「じゃあ仲良くなるにはどうすればいいかな」

私「!!??」

どちらも平和に暮らしたいっていう共通の目的があるんです。

でもアプローチがこんなに正反対。

 

 

人間心理として、どうしても欠けている部分に目は行くもの。

○○さんは出来ているのに、どうして私は出来ないの。

どうして私にはお金がないんだ。

どうして私は…

 

“持っていないもの”に目が行くのは、自然なこと。

だからこそ色々と生活は良くなって、文化は創られてきたんだろうと思います。

でもそれだけの視点だと疲れません?

私は凄く疲れる(笑)

もうね、考えても考えてもこれだ!っていう解決方法が出ないのですよ。

 

どうすれば満足出来るの!?どうすればこの“欠け”は無くなるっていうの!?

こういう気持ちから端を発して努力した結果、さらに新たな欠けを見つけてしまって、もっと頑張らないといけない気持ちになって…。

お、こいつはデスマーチだな?(゚∀゚)ヒャッホゥ

 

おかしな話なもので、そもそも最初の時点では不満を抱いていなかった点が不満へと変化しているんです。

良くしようと努力しているのにね?

私はそういう時、あゆおさん自由でたのしい毎日)が書かれているように

「本当に??」と自問してみることにしています。

 

本当にそんなに自分は駄目かな?

本当にそんなに酷い状況かな?

本当に?

 

それでも不満が出て来る時は、とりあえずそっちの気持ちを吐き出すほうを優先します。

その後再度「本当に?」って聞いてみる。

 

答えが出るときもあれば、出ないときもあります。

友人の視点の話に戻りますが、ちょっと視点を変えてみるだけで意識が不満から逸れるんです。

その後答えが出ようと出まいと、それを目的としているわけではなく。

少しだけ視点を変えるだけ。

 

私は不安や不満を持っているとき、気持ちはマクロ(巨大)になっていくような気持ちになります。しかもどんどん悪化していく感覚になる。

明日はどうなる?数年後は?数十年後は?

今日は何とか暮らせるけど、来年は?その後は…?

そんな気持ちをミクロ(微小)に戻すための視点変換。

今日は何とか暮らせる。良かった。じゃあ明日…といわず3時間後、少しでも今を維持出来るには?たった今の自分のために出来ることは?って。

 

 

私の友達は、きっと細々と練習を重ねたんだなって思います。

思考は癖なので、本当にちまちまと地道に。

ネガティブな選択肢が浮かぶのもあり。

同時にポジティブな選択肢もあり。

そんなの知ったこっちゃねーわって適当なものもあり(笑)

そうして自然といくつもの視点を選択肢にあげられるようになってるんだなって。

うーん、尊敬します。本当に。

 

 

先日書いた話と一緒で、日常に溶け込むくらい繰り返したら面倒なことも『普通』となるわけです。

そうしたらこっちのもの。

今は無理だわ、そんな切り替えできるわけないって思っていることさえ、『普通』に浮かぶようになる。

いつかの自分が望んでいた自分が、知らないうちに手に入っているわけです。

そう思うと、明日の自分のためにすこーーーしの億劫さを飲み込むのも有りだなぁって。

気軽に気軽に。

ちょっとひとまず好きな音楽でも聴いてみましょ!