わたしと青い鳥

可愛いものやらスピリチュアルなことやら、好きなことを気の赴くままつらつらと。

葛藤している

その場でじっとするというのが非常に苦手。

停滞しているようで、維持をする安心感より変化をしたいと心が叫ぶ。

しかしこういう心境の時、私は相当葛藤しているのです。

世間体とか経済的なこととかと、私がしたいと思っている欲求とで。

最近ずっと感じている停滞感というか、浮上しきれない感じは、葛藤そして突破する時期なのかもしれない。

何よりごろごろしながら、うぬぬんと唸っている自分が非常に不細工を加速していて嫌だなというのが本音。

 

 

やりたいことがあるなら、すればいいよ!!と他人にはすごく推すんですけど、実は自分は出来てません。

それも恥ずかしいと思っております。

自分が出来ないことを他人に勧めるの!?って。

でもやっぱり後悔のないように、特に大切な人にはやりたいことをしてもらいたいという気持ちもある。

 

 

先々を考えてしまうんですね。

これやってどう役に立てるの、とか。

買ったところでずっと使う?とか。

活用できるほどハマる?とか。

熱しやすく冷めやすいからこそ、無駄にしてきたことも多くて。

ひとつのことに没頭できないことが、実はとっても情けなく恥ずかしい。

 

熱中している人の姿って、本当に素敵。

目がキラキラしていて、身体も躍動していて、自分に素直な印象がある。

 

果たして今の私はそうあれているだろうかと思うと、全くその状態ではない。

人間らしいな!と面白くなってくる部分もあるんだけど、悶々と自分の何かが吐き出せていない閉塞感を感じていて。

 

 

どうしたものか。

もんもん…(考え中)

あ、これやってみるか!

こうやって文章に書くと、ちょっとしたひらめきが来て嬉しくなる。

 

 

私を堰き止めている、私が考える「世間体」と「条件」を改めて挙げてみよう。

そしてそれらは「本当に守らないといけないものなのか?」

昨日書いていた結果(今回の場合は"やりたいことをやる"というところ)にミリでもナノでも近づく方向性を向くには?

条件なんてなければ、私はどうする?

それでもやらないんだろうか。

やらないことでどんなメリット(安心)を得ているのか。

やらないことでどんなデメリット(不満)を得ているのか。

またやることで得られるものは?

 

 

今日はお局がお休みだから、思う存分出来るぜー!!!(仕事しましょう)

ちょっとだけでも切り口が見えると嬉しいもんですね。